不動産を活用する


相続税の対策の方法として不動産を活用することができます。相続に備えるために自分の財産を現金ではなくて不動産という形にしておくのです。こうすることで相続税を抑えることができます。

家不動産については評価額を基準にして相続税が計算されます。そして、この評価額というのは、実際にその不動産を売却する際の価値よりも低くなっている場合が多いのです。そのため、同じ額の現金を相続させるよりも、不動産にして相続をさせた方が税の負担を軽減できる可能性があります。

一般的には土地を購入した場合には評価額が実勢価格の7割から8割となり、そこに家を建てたならば建築費用や購入費用の3割から7割程度が評価額となります。そのため、現金よりもお得になります。

また、相続される土地が被相続人の住んでいた自宅だったり、事業用として用いていた場合には特例があります。評価額を減額することができるのです。これによっても節税をすることができるでしょう。

たとえば2千万円の土地と建物があったとしたら、現金と比較すると評価額は半分以下となるために税金の負担はかなり異なることになるでしょう。特に理由がないならば、現金をそのまま持っておくというのは税負担という意味では損をするのです。

生前贈与をする


おじいちゃん相続税を抑えるための方法として生前贈与を活用するという方法があります。生前贈与というのは被相続人が生きているときに財産を相続人に与えるというものです。事前に財産を渡すことによって、相続税が計算される際に遺産の対象となる総額を減らすことができるのです。こうすることによって、相続税を安く抑えることができるでしょう。

ただし、生前贈与にも税金がかかってしまうため気をつけましょう。こちらについては基礎控除額が110万円となっています。したがって、これ以下の生前贈与については税金は発生しません。

原則、贈与税の申告は必要ありません。
1年ごとに贈与税を算出する暦年贈与では110万円の基礎控除があるため、年110万円までの贈与であれば非課税で贈与ができます。

もし基礎控除額を上回る贈与をしてしまうと贈与税が発生してしまうため、節税としての意味がなくなってしまいます。そのため、長い期間をかけて少しずつ生前贈与をすることによって、税金を避けることができるでしょう。自分がある程度の年齢になったならば、自分の財産を相続人に渡すことを考慮しておいた方が良いでしょう。贈与税というのは基本的に相続税よりも高くなっているのです。そのため、贈与税がかかってしまうぐらいならば、相続税を支払った方がましというケースもあります。そのため、きちんと計算をして贈与税が発生しない範囲内で生前贈与をしていきましょう。

税理士への相談


弁護士相続税の問題が気になる方は税理士に相談をしましょう。税理士というのは税金についての専門家です。そのため、税理士ならば、どのようにすれば相続税を抑えることができるのかを熟知しています。さまざまな助言をくれるでしょう。それぞれの状況に対して、具体的にどのような対策を考えることができるのか教えてくれます。税理士はとても頼りになる存在となるでしょう。

ただし、税理士を選ぶ際には相続税について詳しい人を選びましょう。税理士が担当できる分野は多岐にわたります。その中には相続税以外のものも含まれているのです。相続税を専門的に取り扱っている税理士であれば、安心して相談ができるでしょう。これまでに相続相談を受け付けたことがあり、実際に相続税の申告をしたことのある税理士を見つけましょう。そのような税理士であれば、こちらの期待にしっかりと応えてくれるでしょう。

また、相談をする際には自分達の状況をきちんとまとめて、正確に伝えられるようにしましょう。たとえばどのくらいの財産が残されているのかを正確に把握しておいてください。それを伝えれば、相続税を正確に計算することができるのです。税理士には早めに相談をしましょう。相続税の納付には期限があるからです。

相続税の抑え方


お金相続税というものがあります。これは亡くなった方から財産をもらう際に発生してしまう税金のことです。ただし、すべての場合に税金がかかるわけではありません。遺産総額の金額が大きい場合にのみかかるのです。基礎控除額というものがあるため、これを超えない範囲であれば相続税は発生しないのです。

相続税というのは富の再分配の役割を果たしているといえるでしょう。お金をたくさん持っている方から税金を多く徴収して、それを収入の低い方のために使うのです。相続に関しては、もし相続税がかからずに多くのお金を受け取ることができれば、それはかなり不公平となるでしょう。そのため、相続税はかなりの金額がかかるケースが多く、それは社会的にも認められていることです。

しかし、それでもいざ自分が相続をする場合には、できるだけ相続税を抑えたいと考えるのが普通でしょう。せっかく遺産相続をしたのに、多額の相続税が発生してしまっては負担が大きくなってしまいます。自分が受け取ることができるお金が目減りしてしまうのです。そのような事態を避けたいと考える方は多くて、実際に税理士に相談をするという方がいるのです。

こちらでは相続税を抑えるにはどうすれば良いのか、そのための方法について教えましょう。たとえば税理士に相続相談をすることは大切です。その他にもいくつかポイントをまとめています。すでに相続税の問題が発生している方はもちろん、そうでない方もいつか役に立つ内容となるでしょう。