不動産を活用する


相続税の対策の方法として不動産を活用することができます。相続に備えるために自分の財産を現金ではなくて不動産という形にしておくのです。こうすることで相続税を抑えることができます。

家不動産については評価額を基準にして相続税が計算されます。そして、この評価額というのは、実際にその不動産を売却する際の価値よりも低くなっている場合が多いのです。そのため、同じ額の現金を相続させるよりも、不動産にして相続をさせた方が税の負担を軽減できる可能性があります。

一般的には土地を購入した場合には評価額が実勢価格の7割から8割となり、そこに家を建てたならば建築費用や購入費用の3割から7割程度が評価額となります。そのため、現金よりもお得になります。

また、相続される土地が被相続人の住んでいた自宅だったり、事業用として用いていた場合には特例があります。評価額を減額することができるのです。これによっても節税をすることができるでしょう。

たとえば2千万円の土地と建物があったとしたら、現金と比較すると評価額は半分以下となるために税金の負担はかなり異なることになるでしょう。特に理由がないならば、現金をそのまま持っておくというのは税負担という意味では損をするのです。

管理人