生前贈与をする


おじいちゃん相続税を抑えるための方法として生前贈与を活用するという方法があります。生前贈与というのは被相続人が生きているときに財産を相続人に与えるというものです。事前に財産を渡すことによって、相続税が計算される際に遺産の対象となる総額を減らすことができるのです。こうすることによって、相続税を安く抑えることができるでしょう。

ただし、生前贈与にも税金がかかってしまうため気をつけましょう。こちらについては基礎控除額が110万円となっています。したがって、これ以下の生前贈与については税金は発生しません。

原則、贈与税の申告は必要ありません。
1年ごとに贈与税を算出する暦年贈与では110万円の基礎控除があるため、年110万円までの贈与であれば非課税で贈与ができます。

もし基礎控除額を上回る贈与をしてしまうと贈与税が発生してしまうため、節税としての意味がなくなってしまいます。そのため、長い期間をかけて少しずつ生前贈与をすることによって、税金を避けることができるでしょう。自分がある程度の年齢になったならば、自分の財産を相続人に渡すことを考慮しておいた方が良いでしょう。贈与税というのは基本的に相続税よりも高くなっているのです。そのため、贈与税がかかってしまうぐらいならば、相続税を支払った方がましというケースもあります。そのため、きちんと計算をして贈与税が発生しない範囲内で生前贈与をしていきましょう。